ボールをセッターに返す

setter-ball.jpgレセプションやディグなどによりボールをセッターが
ネット際の高いところで処理できるように返球しましょう。
攻撃の幅が広がります。


チャンスボールや簡単なレセプションなどは、
確実にセッターへ返すことが大切です。

タグ

カテゴリ:基礎知識

オフェンスとディフェンス

defence.jpgバレーボールでは、サーブを打つ側がディフェンスです。
レセプションから始まる一連の動きがオフェンスのためです。
レセプション = サーブレシーブと考えてください。


近年では、サーブのスピード・パワー・コントロールが
パワーアップしています。

タグ

効果的なサーブをマスター

serve-master.jpgサーブからゲームが始めるバレーボールでは、
相手に脅威を与えるサーブを持った選手が大切です。
試合の主導権を握ることができます。


威力のあるジャンピングサーブ、スピードサーブを打てる選手は、
コントロールの精度を上げ、ギリギリのコースに打てるように
しておくことが必要になります。

タグ

カテゴリ:基礎知識

スパイクは、トスとのタイミングにより種類が分けられる

spike-timing.pngスパイクを打つタイミングによって、
ファーストテンポ、セカンドテンポ、サードテンポの
3種類に分けることができます。


テンポとは、トスとのタイミングのことです。

タグ

カテゴリ:基礎知識

トスの種類

toss-type.jpgトスの種類について記載します。

□ オープントス

 両サイドのアンテナの手前に上げる高い山なりのトスです。
 膝をしっかり曲げ、全身のバネを使用します。。


タグ

カテゴリ:基礎知識

パスの練習方法

pass-practice.jpgパスは、正確なコントロールが大切です。
コントロールとスピードを意識して、
思うようにパスが送れるように練習しましょう。

タグ

アンダーハンドパス

under-hand-pass.jpgアンダーハンドパスは、サーブレシーブやスパイクレシーブなどの
レシーブを行うための基本となるテクニックです。


腰から下のボールは、オーバーハンドパスではなく、
アンダーハンドパスで受け取るのが基本です。

タグ

オーバーハンドパス

over-hand-pass.jpgバレーボールをする時に、初めて習得するパスになります。
このパスを使用して、レシーブをしたり、トスを上げたりします。


ポイントは、ひざを柔らかく使用しながらの重心移動と手の指です。
姿勢では、両手の位置とひざの曲げ具合が重要になります。

タグ

ウィングスパイカーのポジション

wing-spiker.jpgウィングスパイカーは、攻撃と守備の能力を兼ね備えた
オールランドな選手のポジションになります。


サーブカットを行い、さらに素早く攻撃の位置へ移動、
そしてスパイクを打ちます。

タグ

オポジットのポジション

opposite.jpgオポジットというポジションについて説明します。
オポジットは、主にセッターの対角に入ります。
チームの得点源となる攻撃の要のポジションです。


後衛にいる時は、サーブカットに加わらずに、
バックアタックに専念をする攻撃的なポジションです。

タグ

このページの先頭へ