2012年8月アーカイブ

サーブの種類

kind-serve.jpgサーブは、他の人の手を借りずにできる唯一のプレーです。
色々な種類のサーブから、自分に合ったサーブを見つけましょう。
次に、サーブの種類と簡単な説明を記載します。

タグ

,

カテゴリ:サーブ

サーブのスピードをつける方法

speed-serve.jpgサーブにスピードをつけるためには、
ネットすれすれのサーブを打つ必要があります。
ネットすれすれに打つ意識が大切です。

タグ

,

カテゴリ:サーブ

ジャンピングサーブ

jumping-serve.jpgジャンピングサーブは、ジャンプをしながらサーブを打つ
ダイナミックなサーブです。


長身選手やジャンプの高い選手のサーブは、
相手コートに強烈にスパイクが打たれたような
サーブになります。

タグ

サイドハンドサーブ

side-hand-serve.jpgサイドハンドサーブは、腕や腰の回転と体重移動で打つサーブ。
スイングとタイミングを上手に行うことができれば、
スピードサーブや変化球サーブを打つことも可能です。


無回転のサーブは、手元で微妙に変化するため、
レシーブするのが難しいです。

タグ

アンダーハンドサーブ

under-hand-serve.jpgアンダーハンドサーブは、コートに入る確立が高いサーブです。
初心者は、このサーブから始めることが多いです。
難易度が低いサーブになります。


ボールを高くあげてから打つ必要がないため、
サーブのタイミングが合わせやすいのが特徴です。

タグ

ポジショニング

position-rule.jpgバレーボールは、各選手にそれぞれポジションがあります。
アタックライン周辺を境にフロントとバックで分かれます。
左からレフト、センター、ライトのポジションになります。

タグ

ローテーション

rotation-rule.jpg6人制のバレーボールには、ローテーションがあります。
9人制のバレーボールには、存在しないルールです。
サーブ権を受ける毎に、時計回りにポジションが代わります。

タグ

サーブ

サーブサーブは、最初だけジャンケンかコイントスで決めます。
その後は、ポイントを獲得したチームがサーブを行います。

サーブを打つ選手は、コートポジションのバックライトです。
ローテーションにより、ポイントごとにサーバーが代わります。

タグ

,

カテゴリ:ルール

ブロック

ブロックブロックは、アタックやトスなどのボールタッチとは、
異なる扱いになっています。


例としては、1つのブロックプレー内であれば、
同じ選手が連続してボールにタッチすることができます。
また、ブロックをした選手が続けてレシーブをしても良いです。

タグ

,

カテゴリ:ルール

リベロ

リベロリベロは、他のポジションとは異なります。
1チームに1人だけ登録される特別なポジションです。


リベロのユニフォームは、他の選手とは異なる
カラーにしなければならないという決まりがあります。

タグ

,

カテゴリ:ルール

このページの先頭へ