オーバーハンドパス

over-hand-pass.jpgバレーボールをする時に、初めて習得するパスになります。
このパスを使用して、レシーブをしたり、トスを上げたりします。


ポイントは、ひざを柔らかく使用しながらの重心移動と手の指です。
姿勢では、両手の位置とひざの曲げ具合が重要になります。

伸び上がった時にボールに力が十分に伝わるように、
重心は低くした姿勢にします。


ボールの落下点に素早く入ることがポイントです。
手だけをボールの方向に伸ばしても力がボールに伝わらないです。
ボールの真下に移動し、全身を使用してパスを行います。


慣れてきたら「横向きでのパス」、「1回転してからのパス」
の練習を加えていきましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« ウィングスパイカーのポジション | ホーム | アンダーハンドパス »

このページの先頭へ