アンダーハンドパス

under-hand-pass.jpgアンダーハンドパスは、サーブレシーブやスパイクレシーブなどの
レシーブを行うための基本となるテクニックです。


腰から下のボールは、オーバーハンドパスではなく、
アンダーハンドパスで受け取るのが基本です。

腕だけでなく、体全体でボールを受け止めて、
押し出すのが基本的な流れになります。


もっとも大切なのはインパクトの瞬間の面づくりです。
両肘を内側にしぼることによって腕をぴしっと伸ばし、
不安定な2本の腕を安定した1枚の板に変えているのがポイントです。


タイミングよく膝を曲げたり、伸ばしたりを行い、
ボールのコントロールを行います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« オーバーハンドパス | ホーム | パスの練習方法 »

このページの先頭へ