アンダーハンドサーブ

under-hand-serve.jpgアンダーハンドサーブは、コートに入る確立が高いサーブです。
初心者は、このサーブから始めることが多いです。
難易度が低いサーブになります。


ボールを高くあげてから打つ必要がないため、
サーブのタイミングが合わせやすいのが特徴です。

ゆるいサーブになるため、相手側には簡単にレシーブされてしまいます。
サーブの際に当てる場所は、「手首」または、「手のひらの根本部分」
が良いです。自分に合った場所で大丈夫です。


サーブを上手に打つには!?


手を棒のようにした状態で、まっすぐ後ろに振り上げます。
そして、振り子のようにスイングするのがポイントです。
ボールにうまく当たれば相手コートにサーブが入ります。


当たらない場合は、ボールから目が離れている原因が多いです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« ポジショニング | ホーム | サイドハンドサーブ »

このページの先頭へ