サイドハンドサーブ

side-hand-serve.jpgサイドハンドサーブは、腕や腰の回転と体重移動で打つサーブ。
スイングとタイミングを上手に行うことができれば、
スピードサーブや変化球サーブを打つことも可能です。


無回転のサーブは、手元で微妙に変化するため、
レシーブするのが難しいです。

このサーブの大切なところは、サーブを打つ前のトスにあります。
相手コートに思ったように入らない場合は、トスが悪い場合が多いです。


打つたびにトスの高さや速さが変わってしまうため、
サーブのフォームが崩れてしまうのです。
いつも同じ位置・高さにトスが上がるように練習を繰り返しましょう。


スイングのポイントとしては、体重移動です。
上半身だけでなく、下半身も一緒につけて、
前方に体重移動させながら腰をひねります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

« アンダーハンドサーブ | ホーム | ジャンピングサーブ »

このページの先頭へ